草津温泉の魅力はなんだろう?

気になる草津温泉についてなんとなく・・・
MENU

草津温泉の魅力は?

世界的にも広く知られる草津温泉で、昔から万病に効くとうたわれた温泉と温泉街を楽しみましょう。草津温泉は日本を代表する温泉地で、その発 祥は日本武尊が東国征伐の帰途に発見したとも、 奈良時代の僧、行基が全国行脚の際に発見し たとも伝わる。

 

江戸時代には、徳川八代将軍吉宗が草津の湯を汲み上げて樽に詰め、江戸城に運ばせて入浴し たといわれ、やがて十返舎一九が『上州草津 温泉道中続膝栗毛十篇』にその様子を描いて 庶民の間にもその名が広まりました。さらに明治時 代には、ドイツ人のベルツ博士が理想的な保養 温泉として世界に紹介したため、世界的にも有 名になった。 草津の魅力は、なんといっても毎分3万 2300リットル、自然湧出量日本一という豊富な温泉 にある。

 

それを実感できるのが、温泉街の中心 地にある湯畑ですね。もくもくと湯煙をあげて湧き出す源泉は迫力満点。樋や岩に付着した湯の花が、草津温泉の「湯の濃さ」を感じさせます。ちなみ に湯畑源泉はpH2.1と日本有数の酸性度の高い 温泉で、強い殺菌作用があるのが特徴。昔か ら「草津の湯で直せないのは恋の病だけ」とい われているのは、温泉のもつ治癒力と殺菌作用の賜物だ 昔ながらの風情を残す温泉街も草津の魅力 のひとつです。

 

湯畑を中心にみやげ物店や老舗宿な どが軒を並べており、歩いて回るのに程よい規 模だ。早めに到着してひと風呂浴び、浴衣と下 駄に替えてカラコロとめぐるのが、草津観光の 正統派。のんびりと外湯めぐりをするもよし、 草津名物の「湯もみ」にチャレンジするもよし。 たっぷり湯の町の風情を楽しもう。車なら、ま 賀草津高原ルートへ足を延ばせば、白根山や本 白根山など2000m級の山を望む絶景の山岳ド ライブも楽しめる。そんな草津温泉をゆっくり楽しむなら⇒草津温泉の旅館ランキング

 

日本で一番行ってみたい温泉

草津 の魅力の底辺を支えるのが、温泉街に軒を勳る個る! 性豊かな約160もの湯宿。さまざまなもてな いに 躍るひとときが待っている。

 

草津温泉は兵庫県の有馬温泉、岐阜県の下呂温 泉と並ぶ日本三名泉のひとつ。江戸時代には 「草津千軒江戸構え」とよばれたほど栄え、当時の温 泉ランキングである温泉番付で東の大関に挙げられていた実力派。主な源泉は町の中心にある湯畑、源頼朝が発見したと伝わる白旗、湯量湯温酸性度ともにNo.1の万代源泉、周辺が公園として整備されている の河原、町営浴場。大滝乃湯に引かれた煮川、地蔵堂の脇から湧出する 地蔵の6つで、泉質はほとんどが酸性含硫黄-アルミニウム-硫酸塩 塩化物温泉。江戸時代から草津独特の集団入浴法「時間湯」が伝わり その一環で高温の温泉の温度を下げる「湯もみ」が、現在ではショー して上演されている。温泉街には泉質もスタイルもさまざまな立 り湯が点在しており、巨大な露天風呂やクアハウスなどで叩 たっぷり名湯を満喫できる。

メニュー

このページの先頭へ